フットサルコートをレンタルする前に知っておきたいこと

楽しくフットサルをするために

数あるスポーツの中でも、フットサルは、多くの人に愛されるスポーツです。フットサルの基本事項を理解して楽しくフットサルをしましょう。

複数人でできる人気スポーツベスト3

no.1

フットサル

複数人で誰でも楽しめる人気のスポーツ第一位は、「フットサル」です。初心者でも始めやすく、ルールもシンプルなので、多くの人に人気のスポーツです。

no.2

バスケ

フットサルの次に人気のスポーツが「バスケ」です。基本は1チーム5人の10人で試合をしますが、友達や家族と楽しむ場合は、2~3人でもハーフコートで気軽に楽しむことができます。

no.3

バレーボール

複数人で誰でも楽しめる人気のスポーツ第三位は、「バレーボール」です。ママさんバレーという会もあるように、女性の方でも楽しみやすいスポーツです。

アイテムを準備しておこう

フットサル初心者の方は、フットサルに必要なアイテムを知っておきましょう。これらのアイテムはスポーツ用品店で購入することができます。

フットサルの基本アイテム

スパイク

最も重要なアイテムはスパイクです。スパイクによってボールの蹴りやすさ、走りやすさは変わります。自分に合ったスパイクを探してみましょう。

ビブス

チームを分けるために必要なアイテムがビブスです。色違いのビブスをつけることで、自分のチームか相手のチームか判断できるようになります。

ボール

ボールがなければフットサルはできません。フットサルコートをレンタルするときは、持ち込むこともできますが、ボール自体を無料で借りることもできます。

グローブ

ゴールキーパーが身につけるものがグローブです。グローブがなければ早くて勢いのあるボールをキャッチすることができません。忘れないようにしましょう。

レガーツ

転んだり蹴られてもケガをしないように身につけるアイテムがレガーツです。ケガの予防は非常に重要です。安全に配慮して楽しくフットサルをしましょう。

[PR]

蒲田にあるフットサルの施設
アクセス状況を確認しておこう☆ サーフィンスクールに通いたい
トリップなどを行なえるようになる! フットサルの大会をラクラク検索☆
チームの実力を試してみよう♪

フットサルコートを借りよう

スポーツ

フットサルコートの選び方

蒲田でフットサルコートを探している方は、フットサルコートの選び方を知っておきましょう。フットサルコートは、コートのアクセスと設備で選ぶ必要があります。まずはコートのアクセスをチェックしましょう。フットサルは複数人で遊ぶスポーツなので、多くの人がアクセスしやすい位置を選ぶことが重要になります。駅から近いコートはアクセスがしやすく誰でも気軽に来ることができるでしょう。コートの設備もチェックしておきたいポイントです。代表的な設備は、コートの芝です。フットサルコートによって地面の種類は変わります。質の良い人工芝を使っているフットサルコートなら誰でも使いやすいといえます。この2つのポイントが完璧なフットサルコートは、会社や友達とのスポーツイベントで大いに活躍してくれるでしょう。

レンタル料金を安くおさえるには

レンタル式のフットサルコートは、基本的に1時間あたりの利用料金を払って利用することができます。複数人で利用すると一人あたりの支払額は少なくなりますが、やはり少しでも利用料金はおさえておきたいところです。レンタルフットサルコートの利用料金を安くおさえるコツは2つあります。まずは、コートを提供している施設の会員になることです。施設によっては会員制度があり、会員になることで会員割を利用することができます。会員割によって、利用料金を安くすることができます。2つ目のコツは、レンタルする時間を吟味することです。レンタルフットサルコートは、時間によっても利用料金が変わります。やはり週末の午後は利用料金が高くなる傾向にあります。もしも、スケジュールに余裕があるのならば、平日の午前中などにレンタルしてみましょう。週末よりも利用料金がグッと安くなることがあります。会員制度の利用と、レンタル時間の調整はぜひ検討してみましょう。

フットサルコート利用の注意点

フットサルコートのレンタルは多くの禁止事項や注意点があります。代表的な注意事項が、営利目的での使用の禁止です。フットサルコートをレンタルして、その場所で、営利目的のイベントを開催することはほとんどの施設で禁止されています。また、施設内での喫煙や飲酒もほとんどの施設では認められていません。他にも施設によって細かなルールが定められています。施設のホームページに利用規約や注意事項が載せられているので事前にしっかりと確認しておきましょう。同時に、参加者への注意喚起も必要です。利用規約をやぶってしまうと、今後使用できなくなったり、お金を請求されることがあります。十分に注意しましょう。

[PR]

広告募集中